FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

驚きと発見再び 天神町探訪終わる

「こまちなみ」に指定された天神町界隈を散策する、金沢再発見市民モニターツアーの2回目が26日に行われました。天候が心配されましたが、開催時間中雨は降らず、猛暑だった8月末の初回と違って、参加者の皆さんは秋の風情も感じながら、落ち着いて街歩きを楽しみました。

最終回となる2回目の天神町街歩きでしたが、ボランティアガイドさんの案内により、新たな発見も数多く、参加者にとっては、驚きとともに好奇心をかきたてる地元旅になったようです。

(椿原神社の門前通り。秋祭りで露店が並びます)
0926matsuri.jpg

今回も市の観光ボランティアガイドで、天神町在住の紺谷啓さんの案内で実施しました。
一行は、椿原天満宮さんに集合。宮司さんからは、この神社のいわれの説明を受けた後、同神社が所蔵する天神堂を見せてもらいました。天満宮は、学問の神様・菅原道真をまつっているだけに、参加者はありがたく天神堂を拝み、写真に撮るなどしていました。

この後、紺谷さんの案内で街歩きをスタート。この日は、同神社の秋祭りの最終日に当たり、鳥居前には、何軒もの露店が並んでいました。

この天神町の通りは、金沢城から富山・福光方面へ通じる主要な街道だったことから、藩政時代から昭和の初めにかけて、様々なお店ととともに、職人さんも数多く住んでいたそうです。

(町家の玄関上には、古めかしい表示板二つ)
0926kanban01.jpg

鍛冶屋、大工、髪結い、畳屋、刻みたばこのお店等々、職人という職人はすべて住んでいたのではないかと思われるくらい、種々雑多の職人の家が並び、紺谷さんは、今では建て替わった家屋をも指しながら、一つひとつ説明して下さいました。

空き家になった古い家屋の玄関上に、珍しい表札を二つ見つけました。それらには、何やら古めかしい字で文言が記されています。

「押売、物貰、強談厳禁 廣坂警察署(電話七番)」「油断大敵 火の用心 大日本消防協會 石川懸支部 金澤消防組」。当時の世相をリアルに映す表示板です。参加者は自然とカメラを向けていました。それにしても「強談」とは何のことでしょう。

(元桶屋だった、りんの一級建築士事務所さんの建物を見学)
0926rinnosantaku01.jpg

途中、国登録有形文化財に指定された、りんの一級建築士事務所さんの建物に立ち寄りました。ここは以前、桶屋だったところで、私は、37年前ほどに訪ねたことがあります。懐かしい建物です。

女性建築家の林野紀子さんが7年前ほどにその町家をリフォームされ、今はご自身の仕事場兼自宅として使っておられます。
林野さんは、金沢町家特有の間口が狭くて縦長のこの建物について、建築家の立場から丁寧に説明して下さいました。

木曽坂ふもとの寺院群を通って、最終目的地の曹洞宗の古刹・松山寺さんに到着。一行はご住職から藩政時代に加賀藩の重臣だった横山家と、このお寺とのかかわりについて説明を受け、引き続いて、座禅堂で座禅に臨みました。

(きれいな和菓子とお茶で一行は一服=松山寺)
0926sweets01.jpg

最後は、広間で休憩と懇談。各席の前には、兼六園下にある中島菓子店の和菓子とお茶が出されました。

出席者は今日一日を振り返りながら、「観光ガイドブックに出ていない名所を知ることができて興味深かった」とか「学生時代に(お城にキャンパスがあった当時の)金大生だったので、この界隈の街歩きは、懐かしかった」などの感想が寄せられ、次回のツアー企画を期待する声もありました。

企画、運営に携わらせて頂いた、あかつき屋。二回の街歩きを無事終えることができ、スタッフ一同ほっとしました。関係者の皆様、ご協力ありがとうございました。

スポンサーサイト



街歩き 最後は森閑とした松山寺へ

(前回のつづき)
炎天の下で行われた今回の天神町街歩き。最後の目的地は、曹洞宗の古刹・松山寺でした。兼六園のすぐそばの八坂に隣接しています。

一行は金沢市指定文化財に指定され、古色蒼然とした山門をくぐって境内へ。さらにそこには、同じく市指定保存樹の二本のモミの大樹が並立していました。緑に覆われたお寺。一気に涼しくなったように感じました。

(重厚な山門をくぐって、松山寺境内へ)
0829otera1.jpg

川端孝法ご住職の案内で本堂や檀家の位牌などが並んだお部屋などを見学させて頂きました。

ご住職がまずお寺についてご説明。
このお寺は、慶長四年(1599)に横山山城守長知が創建し、長知は父・横山長隆の法号から松山の字を採って寺号を松山寺としました。横山家は江戸時代、幕府から謀反の嫌疑をかけられた際、その疑いを晴らすため奔走して、事態を打開するなどの功績があり、加賀八家の中でも枢要な地位を占めました。

松山寺が、金沢城、兼六園のすぐそばに立地していることからも分かるように、当時、前田家がいかにこのお寺を頼りにしたかが想像できます。

(広々とした本堂に目を見張りました)
0829otera2.jpg

同寺はいわゆる観光寺ではないので、観光客らが本堂で参拝するということはほとんどなく、この日の参加者も初めての訪問となりました。本堂をはじめとして、広々とした室内。静粛さと相まって、一行は外の暑さも忘れ、いっぺんに気持ちが落ち着きました。

(座禅に臨む参加者。貴重な体験となりました)
0829zazen.jpg

訪問中は、座禅堂で座禅を体験。厳粛な気持ちの中で、心を定めました。この座禅は、参加者には好評で、「気持ちが改まり、いい経験でした」との感想が聞かれました。

最後は、兼六園下の中島菓子店の季節の和菓子とお茶でトークタイム。金沢検定受験のための勉強の一環として参加した女性や、地元のことを知りたいとの理由で申し込んだ大学生もいらっしゃり、和気あいあいの時間となりました。

お寺に先立ち、一行は扇町では鮮魚店の越吉さんや、元桶屋の家屋を引き継いだ、りんの一級建築士事務所さんにも立ち寄りました。越吉で買い物された女性もおり、下町の風情を楽しまれたようです。

気温30数度というのは、予想外でしたが、全員体調を崩すことなく、街歩きを終えることができたことは何よりだったと思います。
立ち寄り先やボランティアガイドの紺谷啓さんら関係者の皆様ありがとうございました。心から御礼を申し上げます。

    9月26日(土)も開催予定
なお、この街歩きは、9月26日にも開催されます。参加は無料で、お申込みは、こちらへ。

金沢を再発見 天神町街歩き

金沢再発見市民モニターツアーの一環として、市の「こまちなみ」に指定された天神町界隈の街歩きが29日に実施されました。8月末とは思えぬ強い日差しの下でしたが、参加された方々は、精力的に通りを歩かれ、寺社や史跡、町家などを見聞されました。

この催しの企画・運営に当たった、あかつき屋では、猛暑にもかかわらず、一人も体調を崩すこともなく、無事に終了したことで、スタッフ一同、ほっと胸をなでおろしました。

(椿原天満宮で高井宮司から説明を受ける参加者)
0829tsubaki1.jpg

(歴史的な遺構の石垣も見学)
0829tsubaki2.jpg

金沢市と金沢市観光協会が主催したこのモニターツアー。コロナ禍で観光客が激減した本市の観光の起爆剤にと企画されたものです。

あかつき屋では、兼六園やひがし茶屋街などと違って、ふだん観光客が訪れることが少ない地域でありながら、藩政時代の面影を色濃く残し、今も庶民の暮らしが息づく天神町にスポットを当て、街歩きツアーを企画提案したのでした。
この天神町界隈は、あかつき屋からは、歩いて数分のところにあり、おなじみのところでもあります。

この街歩きは、藩政時代、加賀藩前田家の祈願所で、城郭の鎮守とされた椿原天満宮を皮切りに行いました。この神社は、学問の神様・菅原道真を祭っています。

高井勲宮司が、神社の由緒や境内の各所に配置された史跡などを説明。周辺の樹木の伐採で全容が見ることができるようになった石垣も見学しました。

木立ちに包まれた神社は涼しく、参加者は境内をそぞろ歩き、石段の上部から金沢城も望み、歴史ロマンに浸りました。

この後、地元在住で金沢市観光ボランティアガイドまいどさんの紺谷啓さんに通りを案内してもらいました。

(独特の意匠を備えた町家の家並み)
0829machinami01.jpg

強い日差しの下、紺谷さんは、通りの一軒一軒について、「ここは昔、鍛冶屋だった場所」「この家はかつて腕の立つ大工さんがいた」「ここは髪結いさんが住んでいた」などと、熱っぽく語られました。
金沢城から越中・福光方面へと向かう街道筋だった天神町の通り。昭和の高度経済成長期までは「繁華街」と言われた往時が目に浮かぶようでした。

(小路に残る井戸の跡)
0829idato01.jpg

もちろん各家々の佇まいも興味深い物でした。格子戸や、うだつのある造り。瓦屋根の意匠も、様々でした。また、家の傍らには、井戸の跡も見つけることができました。

(馬坂不動尊にも立ち寄りました)
0829hudouson.jpg

途中、馬坂に上がり、不動尊に立ち寄りました。湧き水は眼病に効くとの言い伝えがあります。土壁に水が滴り落ちており、一服の清涼剤となる光景でした。
(つづく)

下町・天神町の散策 ご一緒しませんか。

金沢再発見市民モニターツアーの一つとして、金沢の下町・天神町周辺の「こまちなみ」を散策する催しが、8月29日(土)、9月26日(土)の両日午前に開催されます。あかつき屋から近い天神町界隈は、由緒ある寺院や神社、町家、個人商店などが数多く残り、昭和の香りが今も漂います。

この街歩き当日は、地元の観光ボランティアガイドとともに、あかつき屋の私たちスタッフがお世話させて頂きます。参加は無料で、ご一緒に昭和ノスタルジーに浸りませんか。

(歴史的建造物が続く天神町の家並み)
0721tatemono.jpg

このモニターツアーは、金沢市と金沢市観光協会が初めて企画したもので、ツアー参加者には、ツアーの様子をSNSで発信してもらい、観光振興に役立てます。
市と観光協会は、観光事業者などに様々なツアープランを募集。あかつき屋では、こまちなみ天神町の散策を提案し、採用されました。

(地元住民に親しまれている鮮魚店「越吉」)
0721sakanaya.jpg

催し開催当日は、朝8時15分に椿原神社鳥居前に集合。同8時35分にここを出発し、かつて農夫が馬を引いて登ったと言われる馬坂の不動尊に立ち寄り、その後、町家の魚屋さん「越吉」(うなぎのかば焼きや、ホッケの色付けなどが人気)、かつて桶屋だった国登録有形文化財の町家「りんの一級建築士事務所」に寄ります。

(曹洞宗の古刹・松山寺)
0721syouzanji.jpg

最後の訪問地は、八坂横の曹洞宗松山寺。ここでご住職からお話を聞いた後、15分ほど座禅に臨み、その後、地元和菓子店の銘菓とお茶で、ティータイムを楽しみます。

この催しは、いくつもの穴場的名所を訪問できるという魅力があるのですが、中でもこれまで一般公開されていない松山寺の本堂や座禅堂などに入り、ゆっくりと時間を過ごすというのは、この上ない体験になるかと思います。

(金沢再発見市民モニターツアーのチラシ)
0721tourchirashi.jpg

金沢市民(金沢への通勤・通学者も含む)の方々には、ぜひお薦めしたいと存じます。ご一緒しませんか。
詳細は、ここにアクセスして下さい。

ドライブスルー 味との出会い

禍転じて…という、ところでしょうか。この新型コロナ事案は飲食業界のビジネススタイルを一変させ、私たちの食卓の風景をも変えました。図らずも、初めて知った飲食店の味との出会いももたらしました。

先日、金沢市沖町のパチンコ店駐車場で開かれている、ドライブスルーによる持ち帰り弁当の販売イベントへ出かけました。和食系と中華の二品を購入。いずれもおいしく頂きました。

(パチンコ店駐車場で開かれた弁当販売のドライブスルー)
0428dsg1.jpg
(イベントスタッフの人がかいがいしく応対)
0428dsg202.jpg

この販売イベントは全日本司厨士協会県本部が初めて開催したもので、市内の飲食店数10店が参加しているよう。私どもは事前に配布されたチラシを見て購入商品を決定。市中央卸売市場の弁当店「凪(なぎ)」さんの市場弁当と、菜香楼さんの「中華弁当」を買い、お昼ご飯にすることにしました。

その日は雨模様でしたが、イベント会場のパチンコ店駐車場には、何台もの車が列をつくっていました。ドライブスルー方式で係りの人に注文の品を伝え、手早くその品を受け取り、会場を後にしました。

(凪さんの市場弁当)
0428nagi.jpg

(菜香楼さんの中華弁当)
0428saikourou.jpg

初めて知った凪さんの市場弁当は、塩ジャケ、アジの南蛮漬け、煮物、あえ物、エビフライなどのお惣菜で構成。一方、菜香楼さんの中華弁当は、チャーハンのほか、エビチリ、鳥から揚げ、ギョーザなど。

距離的なものもあり、ふだんほとんど利用することのない飲食店のお食事との出会いは、このステイホーム下にあっては、穏やかに時間が流れる、ささやかな幸せのひとときでした。