FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

謹賀新年 心静かに初参り

明けましておめでとうございます。旧年中はお世話になりました。ありがとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

2019年の幕開け。正月三が日、あかつき屋はお休みを頂きました。この三日間は、身も心もリフレッシュし、清める行いをしました。
元旦は、地元の氏神様である椿原天満宮を参拝。大勢の人が列をつくる中、長い坂の階段を登って、拝殿前で拝礼し、この一年の無事をお祈りしました。

(2019年を迎えたあかつき屋の玄関)
0104entrance.jpg

翌日は、参拝の旅へ。バス会社が企画する、島根県の出雲大社への一泊二日の旅行に参加しました。

出雲の国は、神の国・神話の国として知られています。その中心に位置する出雲大社は、大国主大神をまつっており、広く全国の人々から崇敬を集めています。

しかし、この金沢の地からは遠く、なかなかそこを訪れることは、かないませんでした。でも、今回バス会社が企画した出雲の旅を見つけ、初めて彼の地を訪問することが実現しました。

(念願だった出雲大社を参拝しました)
0104izumotaisya.jpg


出雲大社を訪れたのは、三日朝。正月も三日となると、思ったほど混んでなく、拝殿、本殿、神楽殿など各社(やしろ)をスムーズに参拝できました。

たまたま地元の集落の人たちとみられる一団が、参拝する姿と出くわしました。神楽を舞うような衣装を身に着け、笛を鳴らしながら、ゆっくりと歩を進めていました。思いがけず、出雲の伝統的な習俗を見聞できました。

日本海に面する山陰・出雲の地。神々が宿るとされる、その大社は、素朴な山々の緑と家々に包まれていました。
無事参拝できたことを喜び感謝し、再び大型バスに乗車。40人を乗せたそれは、いくつもの集落や田園風景を横目にしながら、金沢へと向かっていきました。

スポンサーサイト

平成最後の大晦日 厳かに年越し

平成最後の大晦日。新年の準備をしながら、今年最後のお客様をお世話させて頂きました。あかつき屋にとっては、開業からちょうど丸8年が経過しようとする日。少なからず感慨を胸に、年が変わる瞬間に臨みました。

様々なお客様が、脳裏に浮かびました。また、地元の人、友人、知人、行政など関係団体の方々には、随分とお世話になりました。この場を借りて、心からお礼を申し上げます。

(上がりの間に飾られた正月花、角尾さんの作品)
1231misokamain.jpg

(中村元風さん作のイノシシの飾り皿)
1231misokasara.jpg

新年の仕度では、今年も私たちの友人である華道家角尾宏子さん(金沢市泉野町)に力になってもらいました。玄関に面する上がりの間では、立花をしつらえて頂きました。
若松、しだれ柳、白梅、水仙、伊吹、つげ、小菊、椿が花材です。清純な中にも、華やかさが漂う作品です。
玄関には、いつまでも青々としていることから、縁起の良い「万年青(おもと)」を生けて頂きました。

二つの生け花で一気に迎春ムードが生まれました。

上がりの間では、長年の作陶活動をベースに、さらに幅広い創作活動を目指す現代美術家中村元風さん(加賀市)の手による干支イノシシの飾り皿を置きました。
描かれたイノシシは、愛らしく、元気の良い作品。年齢を重ねられても、挑戦の意欲が衰えない元風さんらしい絵柄です。

(雪化粧したあかつき屋のお庭)
1231misokayukigeshiki.jpg

ここ数日の雪模様で、街は、うっすらと白く。あかつき屋のお庭も白くなり、美しい雪景色を見せています。

そうした中、北関東からお越しになり、二泊されたお客様は、最後の夜近所のまるよしさんで、お食事。ブリ、香箱ガニ、梅貝のお刺身やお寿司、おでん、白子酢、地酒など、北陸の幸をご満喫。

まるよしさんの女将さんが、同じ北関東のご出身とあって、地元話で盛り上がり、痛快な夜になったようです。

そのお客様とは、深夜零時前、あかつき屋の前の広済寺さんで除夜の鐘をつきました。
その後、お宿に戻って、地元の郷土料理かぶら寿司を肴に、地酒で乾杯。新年をお祝いしました。

皆様、今年もよろしくお願い申し上げます。

秋空の下 あぶり餅神事や報恩講

秋たけなわ。暑すぎず、寒すぎず、快い天候が続いています。そうした中、金沢ならではの祭事が市内で相次いで執り行われました。

野町の神明宮(おしんめいさん)のあぶり餅神事と、あかつき屋の前のお寺・広済寺さんでの報恩講です。いずれも古い歴史のある行事で、この催しに接すると、季節がまた一つ進んだことを感じます。

(あぶり餅神事があり参拝者が相次いだ神明宮)
1015shinmeiguu.jpg

(食用のあぶり餅)
1015aburimochihaifu.jpg

神明宮のあぶり餅神事は300年以上続くもので、悪事災難厄除のご利益があるとされています。毎年春と秋に行われており、秋は10月15日から三日間執り行われます。

秋空の下、お昼頃にその神社を訪問。若い女性も含めて、中高年の女性が数多く参拝していました。
いつもの例にならって、あぶり餅を買い求めました。これは、食用と、家守(いえまもり)と呼ばれる、お飾り用のものとの二種類があります。

(あかつき屋の玄関の天井に付けたあぶり餅)
1015aburimociiemori.jpg

家守はあかつき屋に持ち帰って、玄関やお部屋の天井に取り付けました。吉報が舞い込み、災厄を除くとの言い伝えがあり、お客様にご利益があることでしょう。

(報恩講が執り行われた広済寺さん)
1015houonkouowari.jpg

広済寺さんの報恩講は14、15日の二日間行われました。浄土真宗の開祖親鸞聖人の遺徳をしのぶもので、真宗王国の北陸の地では、ほんこさんと呼ばれ、住民に親しまれています。

この二日間、門徒さんらは山門をくぐり、本堂で法要に臨まれました。
色鮮やかな五色の仏旗が山門に掲げられているので、あかつき屋のお客様は、けげんに思う人も。簡単に説明すると、合点がいったご様子。関東に住むお客様は、「うちは、曹洞宗なので」と話し、この地の風土に思いをいたされたようでした。

残暑の中、観音院「四万六千日」へ

金沢は一時ほどではないものの、再び暑さが戻り、城下は明るい日差しの下にあります。行く夏を惜しむというのは、まだ先のことのようです。

そんな中、この日の午後、金沢らしい時間を過ごしました。卯辰山の山裾にある高野山真言宗「長谷山 観音院」へ出かけました。藩政時代から伝わる行事「四万六千日」があるからでした。お参りした後、トウモロコシを買い求め、あかつき屋に帰って軒下に吊るしました。

(「四万六千日」の仏事が執り行われた観音院さん)
0819kannonin.jpg

(ご利益のあるトウモロコシが販売されていました)
0819corn1.jpg

金沢の寺社のいくつかには、季節ごとに独特の行事ごとがあります。
野町の神明宮さんでは、春秋に「あぶり餅神事」が、小立野の髙源院さんでは、七月に「一ツ灸」が執り行われます。それぞれ奇習と呼べるような、独特の行為、作法があります。

この観音院さんの四万六千日も、特色があります。
毎年旧暦の7月9日(今年は8月19日)にここでご開帳され、この日にお参りすると、四万六千日分のご利益があるとされています。この日に祈願されたとうもろこしを家の軒下に吊るすと魔除けとなり、商売繁盛や子孫繁栄になると言われています。

このお寺を訪ねたのは、夕方頃でしたが、参拝者は後を絶たず、境内は活気がありました。ご本尊に手を合わせ、拝殿を一回りして、日々の平安を祈りました。

(トウモロコシをあかつき屋の軒下に吊るしました)
0819corn2.jpg

境内には、トウモロコシの販売所がありました。既に参拝者が何人も並んでいました。ここで一本買い求めました。
あかつき屋に戻り、そのトウモロコシを玄関の軒下に吊るしました。それは、不思議とこの木の家に馴染んでいると感じました。

この風景について、お客様から今後尋ねられるかもしれません。簡潔に説明できるように、準備しておこうと思います。

すっきり青空 ひな祭り近づく

今日金沢は、すっきりと晴れ上がり、青空が広がりました。記録的な大雪に見舞われた今冬。除雪に明け暮れた毎日に、これで別れを告げることができるのではと、心も明るくなりました。街なかの雪は、随分と少なくなり、道行く人の足取りも軽くなりました。

あと数日で、弥生三月。あかつき屋では今年も桃の節句を前にして、館内の各所でおひな様人形を飾っています。今年は、新たに豪華ひな人形も加わり、お部屋は一段と華麗に彩られました。
国内外のお客様の目を楽しませています。

(上がりの間に飾った豪華ひな人形)
0226hinadollsmain.jpg

あかつき屋では、オープン以来、この時季、様々なひな人形を各所に飾り、お客様に喜んで頂いています。
今年は、関東の私どもの親族筋から豪華なひな人形が届けられ、上がりの間に置かせてもらいました。有名人形メーカーの品で、そこのご一家のお嬢さんのご成長とともに、飾られてきたものだそう。

そのお嬢様は既に巣立たれ、お内裏様とおひな様は、城下町金沢で新たな舞台を得ました。先方のお気持ちを汲み、大切に飾らせて頂いています。ありがとうございます。

(すかっと青空が広がりました。あかつき屋界隈)
0226bluesky.jpg

このほか、コミュニティルームの小机には、かわいらしい童女二人のお人形、兼六の間の鏡台には陶製のものを置きました。
お客様からは「あちこちに人形があり、かわいらしくていいですね」と喜んで頂いています。

(童女のお人形)
0226hina2.jpg

(陶製のおひな様)
0226hina3.jpg

春を実感したこの日、韓国・平昌の冬季五輪で大活躍した日本選手団が帰国しました。
メダリストが輩出し、国内は、一気に春本番を迎えたよう。
あかつき屋のお客様には、北国の春の訪れを感じて頂けることでしょう。