fc2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

金沢マラソン 再訪、グループ楽しくご宿泊

この時期が来ると、金沢の街だけでなく、この町家宿・あかつき屋が活気づきます。今年も金沢マラソンを迎えました。コロナ禍明け後の同大会。あかつき屋には、全国各地からランナーが参集しました。

東海や関西からのご宿泊者。初めてお泊まりの人、3度目を数えるデーィプなリピーター、そして今回は7人のグループで参加された関西の愛好者の方々もいらっしゃいました。マラソン一色になった数日間。私もテンションが高まりました。

(金沢マラソンで宿泊された皆様。そろってご出発)
1030marathonmain.jpg
(愛知県から参加された女性も)
1030marathonsub.jpg

あかつき屋は、金沢マラソン開催日前日と当日は、大会参加者のみの特別の宿泊体制をとっています。このため、お宿内は、アスリートが発散する、なんとも明るく、熱気を帯びた雰囲気に包まれます。

ご宿泊者同士で、最近の大会での戦績や練習方法について、語り合う姿は、そばで聞いていて、実に楽しいものです。かつて金沢マラソンに参加したことがある私にとっては、大いに刺激を受ける時間でもあります。

大会の朝は、レースの出発時間の違いがあったので、お宿を出る時間は多少ずれがありましたが、ほぼそろってスタート会場の広坂に歩いて向かわれました。

(大勢が参加された大会。沿道で声援を送りました)
1030marathongroup.jpg

マラソンコースは、あかつき屋のそばなので、私は競技時間、ご宿泊のランナーの皆さんと出会うと、ハイタッチなどで応援しました。全員、はつらつとした表情で快走されていたので、うれしかったです。

ご宿泊者のうち、グループ7人であかつき屋に2泊されたのは、兵庫県川西市のランナーの皆さん。2泊目は、あかつき屋を貸切で過ごされ、当日の健闘を互いにたたえ合われました。
なお、川西のKさんが、金沢マラソンのことをYouTubeで紹介されているので、アップさせて頂きます。下記です。

マッチ— チャンネル

今年の金沢マラソンは天候にも恵まれ、参加者にとっては、いい思い出を刻まれたよう。選手の皆様お疲れ様でした。また、ご宿泊の皆様ありがとうございます。再びお越しいただける日を楽しみにしています。

スポンサーサイト



金沢マラソン 選手快走、沿道熱く

今年も選手たちの力走、激走、仮装に元気と笑顔をいただきました。快晴の下、金沢マラソン2022が行われ、1万人を超えるランナーが金沢の大地を駆け抜けました。

あかつき屋から歩いて数分のところに、マラソンコースがあり、今年も選手たちを応援しました。スピードを競う人、まず完走を目指す人、それから奇抜な衣装で自己表現する人と、選手の大会に賭ける思いは様々で、改めて晩秋の城下町の一大スポーツの祭典との思いを強くしました。

(颯爽とした走りを見せる先頭集団)
1030marathontopgroup01.jpg

(民族移動のようなランナーの大集団)
marathonmain01.jpg

応援に陣取ったのは、兼六園から歩いて5分ほどのところにある扇町地内。そこは、古い城下町らしく道は狭く、近くには藩政時代の名残であるクランクが2か所あります。

(あかつき屋のお客様も出場しました
         =出発前、写真掲載了解済)
marathonguests01.jpg

参加選手の中盤あたりになると、この沿道は選手たちでひしめきあい、選手の熱気を肌で感じることができます。今年もあかつき屋に宿泊された遠来のお客様も参加し、そのお客様の姿を見つけると直接声援を送りました。

芸能人や著名スポーツ選手らが参加するのも、この大会の特長。走りながらテンション高く大きな声を発していたのは、「そんなの関係ない」の小島よしおさん。地元兼六小学校(旧味噌町小学校)を卒業した柔道金メダリストの松本薫さんも笑顔で前を通り過ぎました。

それにしても、こんなに晴れ渡る空の下で金沢マラソンが行われるのは、珍しいほど。私が初参加した5年前は、競技前半から雨に打たれ、ゴールにたどり着いた時は、体を壊すのではないかと思ったほど、ずぶ濡れになりました。

そんなこんなを思いながら、沿道に陣取った数時間。自分も11月の県外でのマラソン大会への出場に向けて意欲を新たにしたことでした。
選手の皆様、大会関係者の皆様、お疲れさまでした。

2年ぶり金沢マラソン お客様快走

秋のビッグイベント金沢マラソンが2年ぶりに開催されました。昨年はコロナ禍により中止、今年は感染症対策で参加者を少なくして実施、好天の下、選手たちは城下町の中や郊外の田園地帯などを力走しました。

あかつき屋のリピーターであるお客様も出場。見事に完走され、気持ちの良いオータム・ランになったようでした。

(力走する選手の皆さん=扇町地内)
1031marathon01.jpg

この日朝6時半過ぎ、選手として参加されたお客様をスタート地点のしいのき迎賓館付近にほど近い、兼六園麓の八坂まで歩いてお送りして、健闘を祈りました。

今回は、コロナへの警戒に加え、衆院選の投票日と重なり、自粛ムードが広がり、マラソンコースの沿道は例年に比べて人が少なかったです。それで、私たちもコースから離れて、選手に声援を送りました。

(金沢マラソンについて告知する北國新聞)
1031marathonsub.jpg

この金沢マラソンはこれまでよく雨に降られたのですが、今回は薄日のさす絶好のコンディション。選手の皆さんにとっては、気持ちの良い42.195㌔になったようです。

あかつき屋にお泊まりになったお客様は完走後、メールで「まずまずのタイムでした」とタイム記録写真をつけてご報告。本当に良かった、と思います。
選手の皆様お疲れさまでした。また、大会関係者の皆様、ご苦労様でした。

金沢マラソン 雨の中、選手ら奮闘

金沢の秋のビッグイベント・金沢マラソンが27日、実施されました。スタートからほどなくして雨が降り出し、雨中の大会となりましたが、選手らはそれにめげず懸命の走りを見せ、長丁場を闘い抜かれました。

あかつき屋では前日から選手専用のお宿となり、そのお客様たちはそろって出場、全員が完走されました。いずれの方々も走り終わった後は充実感を漂わせ、私たちお世話させて頂く方も、安ど感に満ちました。

(大勢の選手が懸命の走りを見せた金沢マラソン)
1027marathon.jpg

(あかつき屋では私設エイドを設けました)
1027sweets.jpg

金沢マラソンは、変化に富んだコースです。城下町の真ん中から出発し、途中、丘陵地や新興の商店街、歴史的佇まいの街並み、田園地帯、そして海側と退屈しない風景が続きます。

あかつき屋からは、選手の皆さんが走るコースが近いので、今年も沿道に私設エイドを設け、ランナーの方々にミニドーナッツやバームクーヘンを手渡して、声援を送りました。

選手の中には、久しぶりに顔を合わす知人、友人の方も見つかり、慌ただしく再会を喜び合いました。ただ、雨が時間とともに強くなってきたので、私が2年前に参加した同大会を思い起こし、「大変だな」「無事に完走できればいいな」と思ったことでした。

(今回の完走記念のメダル=左と、私が2年前に頂いたメダル)
1027medal01.jpg

連泊したお客様は、意気揚々とあかつき屋に戻って来られました。ほぼ思ったようなタイムが出たようで、満足そうな表情。完走を証明する記念メダルを見せて下さいました。

(出発前に気合を入れるお客様たち)
1027zennien.jpg

(開会式会場まで歩いて行った際に見かけた紅葉
                   =兼六園付近)
1027kouyou.jpg

さて、今回もあかつき屋にお泊まりの選手の皆様は、早朝そろって開会式会場へ歩いて出発。私も会場近くまで同行し、お見送りしました。
途中、兼六園や県立美術館界隈の木々は、紅葉が進み、目に鮮やかでした。

この大会が終わると、季節は一つ進みます。紅葉が一層見ごたえのあるものになるとともに、冬の足音が、それとなく感じるようになります。

選手の皆様お疲れさまでした。また、お客様ご宿泊ありがとうございました。金沢での再会を祈っています。

愛知・小牧の街を走ってきました!

愛知県小牧市で開かれた第29回小牧シティマラソンに参加、小牧の街を走ってきました。寒中で肌寒かったものの、晴天の下、無事に10㌔を完走しました。

マラソン大会に参加するのは、一昨年の金沢マラソン以来、1年3カ月ぶり。身体がついていけるのかと、ドキドキでしたが、何とかばてることもなくゴールにたどりつき、充実感を味わいました。

(小牧マラソンの大会冊子と完走した記録証)
0127komakimain.jpg

趣味のマラソン大会出場は、私の健康法の一つ。でも、初めてのフルマラソンの金沢マラソンに参加してからは、一種の到達感で昨年はマラソン大会に出ませんでした。ふだん走ることをせず、そのせいもあって、体が重くなりました。
これではいけないと、冬場も開催される小牧マラソンを見つけてエントリーし、ひと月ほど練習しました。

大会当日の朝。発着点の会場パークアリーナ小牧へ。気温は零度を数度上回る程度で寒かったです。
スタート地点からは、織田信長が居城した小牧城が遠望できます。午前9時半スタート。体調をチェックする感じで、スローペースで走りだします。

次第に気温が上がり、汗ばむほどに。平坦なコースで、走りやすく、調子が出てきて、少しピッチが上がりました。前を走る人を、一人、一人と追い抜き、多少の余裕をもってゴールにたどりつきした。

制限時間内に走れないと途中レースを中止し、回収されるという規定もあったので、気は抜けませんでした。結局それは免れ、全盛期のタイムには遠く及ばないものの、ほぼ予想タイムで走り終えることができて、良しとしようという気持ちです。

(参加者に贈られた各種記念品。パンは既に食べてありません(^_^;)))
0127komakigifts.jpg

それにしても、ネットの口コミに書いてあった通り、参加者への記念品の充実ぶりに感心しました。
2000円の参加費にもかかわらず、Tシャツのほか、地元業者さんのどら焼きやパン、さらにはスーパー銭湯の入浴券、ボウリング場の1ゲーム招待券なども付き、お得感満載でした。

とにかく真冬のマラソンイベントを無事終え、ホッとしています。小牧市の皆様ありがとうございました。