あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

金沢マラソン前日予約 満室に

金沢マラソン2016の前日に当たる10月22日のご予約が定員に達したため、受け付けを終了させて頂きました。本日6月8日午前にインターネット上に本マラソン参加者の抽選結果が発表されたと同時に申し込みが相次ぎ、早々にお部屋が埋まりました。

お申し込みありがとうございました。ただ残念ながら、満室となり、お断りさせて頂いた方も少なからずいらっしゃいました。申し訳ありません。その方々には、次回またお申し込み頂ければと思います。

今年が2回目となる金沢マラソン。昨年から、あかつき屋では、参加選手専用の特別宿泊体制をとり、便宜を図らせて頂きました。競技中は、コース沿道から選手さんたちを応援いたしました。

今年もワクワク、ドキドキの時が近づいてきます。選手の皆様頑張って下さい。

スポンサーサイト

金沢マラソン 抽選外れちゃいました。

エントリーしていた金沢マラソンの抽選結果を知らせるお手紙が今日ようやく届きました。結果は「落選」でした。何と言っていいのやら。残念な気持ちと、ほっとしたような気持ちが交錯する複雑な心境です。

11月15日に金沢で初めて開催されるフルマラソンの金沢マラソンの前日は、あかつき屋にマラソン参加者の宿泊申し込みが殺到し、ここは既に満室になりました。
この「落選」通知は、「今回はお客様のお世話に専念しなさい」との神の思し召しと受け止め、当日は円滑なお宿運営に尽力したいと思います。

(金沢マラソンの抽選結果を知らせるお手紙)
0608marathon.jpg

6月初めに金沢マラソンの抽選結果の発表があるとのことから、その結果通知がいつ届くのかとここ数日やきもきしていました。
今日お昼前、郵便屋さんが「郵便でーす」と玄関に入り、封書を残していかれました。

封書の表には「金沢マラソン抽選結果のお知らせ」の表記があり、どきどきしながら早速封を切りました。
結果は「落選」。緊張していた気持ちの糸が切れました。

結果オーライと受け止め、大会前日の11月14日は、あかつき屋をマラソン参加者のお宿として、お客様が気持ちよくお泊まり頂けるよう万全を期したいと思います。

なお、当日は、初の試みとして、ご宿泊のスタイルを変更します。既にご宿泊予定者にはお知らせし、ご了承を得ているのですが、あかつき屋の客室を男女別の相部屋として、一人当たり3,000円(粗品付き)でお泊まり頂くことになります。定員は10人。

選手の皆様。魅力たっぷりの城下町金沢の大地でのご健脚を祈ります。

大阪・高槻でマラソン大会に出場!

先週末のイベントのもう一つは、大阪・高槻で日曜日に開催された第23回高槻シティハーフマラソン大会に出場することでした。彦根のとばや旅館さんに泊まった後、早朝JRで高槻に向けて出発。10時40分市立陸上競技場をスタートする10㌔の部に挑戦しました。

この大会は、10年ほど前に数回出たことがあるのですが、遠方であることに加え、仕事の都合もあってその後出場できませんでした。久しぶりに走ったそのコース、淀川の河川敷あり、田園地帯あり、住宅街ありと、のどかな道のり。好天に恵まれたこともあって、気持ちの良いランニングとなりました。

本大会は私にとって縁起の良い大会。10㌔を初めて50分切ったからです。今回は50分といかないまでも、そこにどこまで迫れるかと意気込んでいたのですが、56分台に終わりました。

(高槻のマラソン大会の完走証とゼッケン)
0120takatsuki.jpg

とは言え、悔いはありません。忙しい年末年始を終えて、練習に取り掛かったのは、十日ほど前。ジムのランニングマシーンで3、4回走ったにすぎないのですから。
得た結論は「練習以上のものは出ない」「実力以上の結果は望めない」です。
ランニングマシーンで速度設定したほぼその速さで10㌔を走ったタイムが出た形です。

それにしても、コース一帯は太平洋側らしく、冬の真ん中なのに、青空がのぞき、暖かさも感じられたほど。そして何より、ありがたかったのは、これまで同様に、高槻市さんが市挙げて選手を歓迎して下さったこと。

高槻駅での歓迎看板や会場へ向かうバスへの誘導から始まり、競技終了後に手渡されるバナナやスポーツドリンク等々、どれも心がこもったものです。

高槻の皆様ありがとうございました。また、ぜひ大会に出たいと思います。

金沢城下町市民マラソン、走りました。

金沢城下町市民マラソンが今朝あり、出場しました。来年11月に開催予定の金沢マラソンのプレ大会に位置づけられる今回のマラソン大会。コースはこれまでと違って金沢城を中心として、金沢の街のど真ん中を走るコースで、とても刺激的で楽しいものでした。

タイムはさておき、まず無事完走できてほっと一息。この後あかつき屋に戻って、この日にお泊まりになるお客様を迎えるため、忙しく立ち働きました。

(金沢城下町市民マラソン10㌔の部のレース風景。背後に金沢城)
1109race1.jpg

金沢市民マラソンに参加するのは、4年ぶり。しかし、今回はこれまでの市営陸上競技場を発着点とするコースと異なって、金沢城そばの広坂通りからスタートし、お堀通りを経て、橋場町交差点から金沢駅へ向かい、この後、武蔵ケ辻、香林坊、片町、笠舞3丁目交差点、小立野台、兼六園と続くコースでした。

本大会前は仕事の間隙を縫って練習に取り組みました。順調に進んだかに見えたトレーニングでしたが、1週間ほど前に左足の甲やくるぶしに痛みが出て、無事出場できるのか、危ぶみました。

今日スタート時は、特に痛みがなかったので出場、最初は足の様子を見て用心しながら走りました。なんとかいけそうだとの感触があり、後はキロごとのタイムを気にしながらのレースとなりました。

笠舞3丁目交差点から小立野台に上がるだらだら坂にかなり閉口しましたが、その坂を上り切った後は通常のペースに戻り、兼六園お堀通り側のゴールを目指しました。

ネットタイムは58分台。タイムについては思えばきりがありません。次回の来年1月の県外の大会に向けて、課題ははっきりしています。
①体重を少なくとも3㌔落とすこと。
②練習量(走る距離)を増やすこと。
③スピード練習をこなすこと。
以上を重点に、日々の生活を送りたいと思います。

(私たちランナーを元気づけてくれた太鼓演奏=兼六園下バス停)
1109race2.jpg

この日のレースに話を戻しますが、沿道での市民の皆さんや太鼓演奏などの応援はありがたく、随分と元気が出ました。ありがとうございます。
加えて、木々の紅葉はピークを迎え、特に県立美術館付近の並木道の彩りは美しく、一服の清涼剤でした。

高浜はまなすマラソン がんばりました。

今回の福井県若狭訪問では滞在二日目の10月28日、福井の西端・高浜町で開かれた、はまなすマラソン大会10kmの部に挑戦しました。
マラソン大会参加は、一昨年の金沢市民マラソンに出場して以来、2年ぶり。
内心ちゃんと走り通せるだろうかと不安がありましたが、無事に完走、タイムは納得いかなかったけれど、自分に対してよくがんばったと、ほめてやりたい気持ちになりました。

(はまなすマラソンの開会式の会場)
1029marathon1.jpg

ゲストハウスを開業してからというもの、観光関連産業とあって週末が忙しく、これまでマラソン大会への参加は控えてきました。
しかし、そうしていると、走らなくなり、脚力を含めた体力も落ちてきているのではないかと気になり、この時期の大会を探して、はまなすマラソン大会に挑戦することにしました。
それに向けて、あかつき屋の夏の繁忙期が一服した9月後半から、スポーツクラブでにわかに走りこみを始め、大会に備えました。

マラソン会場の発着点である、はまなす公園は、海水浴場に隣接しており、遠くには若狭富士と呼ばれる青葉山が望める風光明媚なところ。
この日、最も気になったのは、天候。天気予報だと、雨ということなので、どしゃぶりになったら、体を壊す恐れもあるので、その時は勇気を出して、棄権しようかなとも考えていました。

ところがスタート前は、多少雨が降ったりしましたが、スタート直前は雨が上がったので、出場しました。
コースは、発着点から市街地を過ぎると、青戸入江という水辺と山のふもとの間の道を行き、大飯町との境を折り返す道のり。
アップダウンがなく、景色も良く、走りやすいコースと感じました。

しかし、折り返し地点から心配していた雨が降り出してきました。激しくはないものの、雨は雨でした。体が濡れてきた、いやな感じだなーと思いましたが、付近のランナーでレースを中断させる人はおらず、走れなくなるほどの天候でもなかったので、ひたすら腕を振り、足を前に出して、とにかくゴールを目指しました。

市街地に再び入った頃には、雨も上がり始め、後は気持ちで走り、何とかゴールにたどり着きました。タイムは、目標とした50分台前半には届かなかったけど、とにかく棄権せず、完走したことで良しとしました。
今後、またタイムを上げて行こうと、新たに目標を定めました。

(ゴールして見上げた美しい青葉山)
1029yama.jpg

ゴールをして、一息ついたところから見える青葉山。開会式のときは、ややかすみがかかっていましたが、閉会式の時は雨が上がったせいか、くっきりと美しい山容を見せていました。

(マラソンの疲れをいやした「湯っぷる」)
1029spa.jpg

帰り道、道の駅の隣にある入浴施設「湯っぷる」に立ち寄り、疲れをいやしました。

FC2Ad