あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

三連休 フランスの方々らと共に

夏休みへの序章とも言えるこの三連休。あかつき屋では、国内外からお客様をお迎えし、この金沢町家の趣を味わって頂きました。

フランスからのご家族連れのほか、車で遠路お越しになった広島県内のご家族、さらには、白山登山をされたお客様など、多彩な顔ぶれ。ここで思い思いに過ごされ、ふれあわれました。

(ご出発の朝、交流されたフランスと広島のご家族=写真掲載了解済)
0717rennkyuu1.jpg

フランス・パリから来られたご家族は、二泊されました。大の日本ファンで、お寿司屋に行かれたのは、分かりますが、ここの台所で持参したお米でご飯を炊かれました。外国のお客様では、初めてのことです。
すし酢をご飯にまぶされ、お寿司のご飯にされ、スーパーで買って来られたお惣菜と合わせ、お食事されました。

このほか、あかつき屋から近い兼六園そばの県立能楽堂で能の公演にも出かけられ、日本の伝統芸能を楽しまれました。
帰って来られた後、「ファンタスティックだった」と高揚された表情で話されました。

広島から来られたお客様。美しく、様々な観光資源が整った金沢のまちの充実ぶりに驚かれていました。
あかつき屋界隈の下町風情も味わわれ、近所の温泉銭湯や町家のパン屋さんなどにも歩いて行ったのは、楽しかったそうです。

ご出発の朝、先のフランスのご家族とコミュニティルームで歓談されました。広島のご家族は、フランスのご家族から炊飯器を使ってのお米の炊き方を聞かれ、お嬢さんたちは一生懸命に英語で説明されていました。
フランスのご一家は、どうも日本で炊飯器を買うらしいです。

フランスからもう一組のご家族連れがお泊まりになりました。こちらは、日仏の国際結婚の親子です。
兼六園や金沢城、長町・武家屋敷跡は、ことのほか印象深かったようで、ゆっくり時間をかけて散策されました。

(フランスからお越しになったお子様ら=同)
0717halfs.jpg

帰り道、突然の大雨にあわれましたが、これも梅雨末期の季節感と言えるかもしれません。子どもたちは、ここで木のパズルをされたほか、お宿ノートにお城などの絵を残されました。

(子どもさんがノートに描かれた絵)
0717notefrench01.jpg

もう一組は、関東からお越しになった3人さん。聞けば、以前にあかつき屋にお泊まりになったフランスの人から紹介を受けたとのことでした。

(白山登山をされたお客様=同)
0717rennkyuu2climbers.jpg

白山登山をし、翌日福井県の荒島岳を日帰り登山した後、車で金沢入りされました。
夕暮れ時、お宿の縁側で登山の疲れをいやすように、まったりと過ごされ、夕ご飯は近江町市場で買ってきた海産物に舌鼓を打たれました。
翌朝、早く起きられ、無料時間帯の兼六園へ出かけられました。

皆様、ご宿泊ありがとうございました。また、ぜひお気軽にお越し下さいませ。

スポンサーサイト

台湾は既に夏休み ご家族二泊

金沢はここしばらく、梅雨明けかと思うような、太陽がまぶしい日が続いています。あかつき屋では、お庭や玄関周りに置いた草花の水やりが欠かせず、朝夕丹念にじょうろで水を注いでいます。

そんな中で、こちらにお越しになったのは、台湾のご一家。お子様二人を伴っての二泊三日でした。聞けば、台湾は7月初めから8月末までの二か月間、夏休みなのだとか。
あかつき屋は、一足早く夏休みムードが漂いました。

(二泊された台湾のご家族連れ=写真掲載了解済)
0712taiwanfamily.jpg

台湾にお住まいの方にとっても、この暑さは、やはり甘くないようで、ご一家は比較的涼し気なところを選んで観光されました。
ご両親は、デザイナーということもあって、一泊後に最初に訪れたのは、県伝統産業工芸館。あかつき屋から歩いて10分ほどで着きます。

このミュージアムでは現在、「九谷五彩の音色」と「身近な工芸品 きものとかたち」「熊本県伝統工芸コレクション くらしの工芸展」の三つの展示会が開かれています。
アートの勉強でアメリカ留学の経験がある、新進のデザイナーのお二人にとっては、興味尽きない展示会だったと思います。

(ご一家で県伝統産業工芸館を訪れました)
0712handcraftshall.jpg

子どもさん連れのお客様が増えるシーズン。あかつき屋では、折り紙や木、竹のおもちゃを備えており、子どもさんたちに遊んでもらっています。
子どもさんたちはお泊まりの間、折り紙で紙飛行機を作り、楽しまれました。

ご宿泊ありがとうございました。身体に気をつけ夏をお過ごし下さい。また、遊びに来て下さいね。

街歩き楽し(^^♪ お客様下町ご案内

あかつき屋には、この建物が国登録有形文化財という大きな特徴がありますが、一方で別の表情もあります。それは、お客様をあかつき屋が立地する下町界隈を歩いてご案内している点です。

こちらの時間に余裕があり、天候とお客様のニーズの条件がそろえば、古い日本家屋や個人商店が数多く残るこの付近をガイドしています。その理解をしやすくするため、各種の写真を収めたフリップ(図示カード)も作成、お客様には喜んで頂いています。

(街歩きのために作成したフリップ集)
0711flip.jpg

あかつき屋は、歴史的建造物として建築の専門家らから高い評価を受けています。が、この建物は孤立してあるのではなく、城下町金沢の歴史とともに歩んできた経緯があります。そうした地域的な特性や人々の暮らしぶりを身体で感じて頂ければと、2011年の創業以来、近隣の下町散歩をお宿メニューに組み入れています。
その体験については、もちろん無料です。

この度作成した街歩き紹介フリップでは、近所の温泉銭湯や、定期的に野菜市が開かれる町家、材木コースを走る金沢ふらっとバス、ドジョウのかば焼屋さんなどを収録しました。
そのポイント、ポイントでは、そのお店のことなどを説明、お客様は熱心に聞いて下さっています。

(お客様がドジョウのかば焼店・浅田さんでご歓談)
0701asadasan01.jpg

また、お店に立ち寄り、お店のご主人とお客様が、楽しくおしゃべりするシーンもよくあります。

兼六園やひがし茶屋街など、定番観光地の訪問だけでなく、地元の人と気軽にふれあえる、金沢下町散歩。梅雨の晴れ間を縫って行う、そんな街歩きは、自然の風物の変化も発見でき、お客様ならずとも楽しみなものです。

おいしい!地元産米でおにぎり

(前回のつづき)
白山吉野オートキャンプ場で開かれた今回のバーベキュー大会では、ジビエのお肉のほかに、もう一つ注目が集まった食材がありました。それは、地元の水田で栽培されたお米で、「白山吉野の米」としてブランド化されています。

白山市吉野谷地区の生産者で組織する団体「上吉野農場」の方々が栽培に当たっているお米です。BBQでは、最後の締めにおにぎりやお茶漬けが出されましたが、そのお米が、このブランド米。
参加者からは「甘味があって、とてもおいしい」と、大評判でした。

(柔らかく、甘みのある「白山吉野の米」)
0702kamiyoshinorice.jpg

白山ろくぼたん鍋プロジェクト協議会会長で、上吉野農場の代表でもある中山明設さんによると、このお米の品種はコシヒカリで、白山ろくの冷たい水を給水、排水を別々にして使う、という贅沢な作り方をしているそう。
わら、こぬか、もみ殻を再び田んぼに戻し、肥料として、カルテックなどを使うことで、お米を柔らかく、甘みの強いものに仕上げています。
収穫期には、山ろくの寒暖差も加わり、品質がさらに向上する、とのこと。

この日のBBQで出されたおにぎりは、焼きおにぎりとして食べても良かったのですが、焼くのは惜しい、これで十分おいしい、とばかりに、だれも鉄板の上におにぎりを置く人はおらず、白いおにぎりをそのままほおばり、賞味していました。

一つひとつの素材が優れていれば、BBQの魅力は、倍増。みんな大満足の食談の場となりました。

ジビエ、岩魚… 白山ろくでBBQ

梅雨空を吹き飛ばす盛り上がりを見せました。日曜の午後、白山市の白山吉野オートキャンプ場でバーベキュー(BBQ)大会が開かれ、参加しました。食材は、今ホットな視線を集める、イノシシ、シカなどの白山ろくのジビエのほか、岩魚やナメコなど、地場産品がふんだん。

集まった約20人は、初めて食するジビエに興味津々。いずれもコクのあるお味に「おいしい。おいしい」と歓声を上げられました。近くの木滑集落で栽培されたナメコのほか、地元の野菜も新鮮でおいしく、参加者は鉄板を囲みながら、痛快なひとときを過ごしました。

(ジビエやナメコなど白山ろくの食材が並んだBBQ)
0702BBQ101.jpg

この催しは、白山ろくぼたん鍋プロジェクト協議会(参考になる金沢経済新聞さんのサイト)が主催しました。過疎化の悩みを抱える白山ろく地域の活性化を目指して、2009年地元の関係団体が結集。様々な地域資源を発掘、活用して、ざん新な活性化策を提案し、具体化しています。
ジビエは、田畑を荒らす忌まわしい野獣ですが、これも食材として活用することでプラスに変えようという狙いがあります。
私は、主催者側として、このバーベキュー大会に参画しました。

(2016年鳥越地内で捕獲されたイノシシ)
0702inoshishi.jpg


(BBQで出された白峰のシカの肉)
0702BBQ301.jpg

(様々なお肉をジュージュー)
0702BBQ401.jpg

心配された天候でしたが、前日の大雨が上がり、上々のコンディション。
鉄板や網の上には、白峰で捕れたというシカの肉のほか、イノシシのお肉がのせられ、アツアツのジビエを口に運びました。
豚や鶏肉も焼かれ、ジビエと食べ比べ。ジビエは意外と癖がなく、コクのあるお味で、体に元気がみなぎる感じ。梅雨の鬱陶しさが吹き飛びました。

(楽しいBBQ大会でした)
0702BBQ2.jpg

このほか、現在開発中の白山茶漬けやスイーツも登場。いずれもBBQ後には、絶妙にマッチし、白山ろくの新たな魅力になると、参加者から賛辞が相次ぎました。

FC2Ad