FC2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

板塀を修復 庭園美高まる

築90年ほどになる、国登録有形文化財のこの金沢町家のあかつき屋。伝統的な木造建築なので、歳月や風雪がもたらす変化は、鉄筋コンクリート造りの建築物より顕著と言えると思います。それは、独特の風合いをつくる一方で、避けて通れない素材の劣化も宿命づけます。ここで宿泊業を営むということは、そんな動きにも日々目を凝らすことにもなります。

この度、お庭の板塀を修復しました。設置後10年余りが経過したこともあるのですが、今冬の大雪で塀の上部が破損したからです。ここ専属の庭師さんに修繕を依頼。ほぼ一日の作業で板塀は見違えるように美しくなりました。
ゴールデンウイーク時には、お客様に、さらに格調が増したお庭を楽しんで頂けることと思います。

(修復が完了したお庭の板塀)
047heikansei.jpg

この板塀は、お隣のお庭との境をつくるもので、あかつき屋の開業に当たって、造園に造詣のある私の友人によって設計、施工してもらいました。手作りの塀で、趣を出すために、上部に細い竹棒を並べた仕切りを施しました。その竹枝は、ホームセンターで買った小さな竹ぼうきをばらして、私も一緒になって骨組みに差し込んで仕上げました。

板塀は今回初めて本格的な修復に着手しました。何といっても、先の一月の大雪が響きました。添え木が破損し、差し込んであった竹棒の落下も目につくようになったからです。

(風合いを出すためにガスバーナーで板塀を焦がす)
0407heikaisyuu101.jpg

(上部に竹棒を並べ趣深く)
0407hei2.jpg

この度の修復では、庭師さんたちは、板塀を取り外した後、それにガスバーナーを吹き付けて焼き、黒っぽくしました。破損した添え木を取り替えるとともに、上部には、新たな竹棒を差し込みました。
丁寧な作業で、修繕が終わったお庭は、さらに磨きがかかったように、美しくなりました。

そばのツツジは、花のつぼみをつけ、様々な木々は、新芽を伸ばしてきています。和風美の中に、清新な息吹が放たれています。ゴールデンウイークを控え、お客様をお迎えする準備は整いました。

スポンサーサイト



高まる春の鼓動 朝市が再開

日ごとに春の鼓動の高まりを感じます。あかつき屋の近隣にあるお寺・常福寺さんの境内で朝市が再開されました。野菜や果物、花などが並び、店頭は彩り豊か。近所の人たちが訪れ、旬の品を買い求めました。

静かな住宅街にあるこのお寺。ここに人が軽やかに行き交う姿は、長かった冬に終わりを告げたことを象徴しているよう。訪れた方々の表情に、やわらかなものを感じました。

(朝市が開かれた常福寺さん)
0407asaichi1.jpg

この朝市は、4月から11月の間、毎週水曜日の朝8時頃から開かれます。お世話されている男性によると、8年ほど前に、金沢市の買い物難民の解消事業の一環として始まりました。

(店頭に並んだ品々)
0407asaichi2.jpg
0407asaichi3.jpg

(訪れた人は、お買い物しながら歓談も)
0407asaichi4.jpg

この日、店頭に並んだ品は、ニンジン、里芋、ネギ、シイタケなどの野菜のほか、オレンジなどの果物や花などでした。主催者によると、まだ春の走りとあって、地物は少なく、市場で仕入れたものが大半とのこと。それでも、市内の五郎島のサツマ芋や夕日寺地区のほうれん草などがありました。手作り品として、フキノトウ味噌があり、私は野菜やお米とともに買い求めました。

高齢者が多いこの地区の住民にとって、この朝市は、春を告げる歳時記の一つになっているよう。久しぶりに顔を合わせ、歓談する光景がありました。
私も、ご近所さんと再会のあいさつをした後、しばし世間話に興じました。

古城に映える夜桜 そぞろ歩き

例年に比べ、10日ほども早くなった桜の開花。満開になるのも早く、城下町金沢の春の代表的な風景を見逃すまいと、あかつき屋のお客様のみならず、自分たちもその名所を訪ねています。

2日は、兼六園・金沢城の無料開放の最終日。夕食を終えた後、夜桜見学のために、兼六大通りを歩いて、名園界隈を訪れました。紺屋坂付近には、既に観桜客の人波ができており、春の訪れを満喫したいという思いの人が大勢いることを実感しました。
ライトアップされた桜の木々は、幻想的な美しさを見せており、華やいだ雰囲気に包まれました。

……………………………………………………………………………………
(石川門付近)
この日は、国連が定める「世界自閉症啓発デー」とあって、石川門は、そのシンボルカラーであるブルーにライトアップされました。
0402shiro101.jpg

昨年の4月は、初めて遭遇する新型コロナの不気味さにおののいて、花見のシーズンも、「ステイホーム」の掛け声の下、一歩も外に出られないような雰囲気がありましたが、今春は「マスク着用」「三密回避」「ソーシャルディスタンス」などの行動指針の広がりもあって、コロナの深刻感は薄れ、兼六園ゾーンの観光客もこのところ目立ってきました。

「with コロナ」時代の観光シーズンの幕開け。私たちも身近な観光名所で片時花見を楽しんだ次第。金沢城散策でのスナップ写真を紹介させて頂きます。

(五十間長屋と、お堀そばの桜)
0402shiro2.jpg

(お堀に沿った桜並木)
0403shiro3.jpg

桜が開花、満開へ 兼六園に人波

季節は、春本番に向けて足早に向かっています。金沢では、桜が3月23日に開花。気象台によると、平年より12日も早かったそうです。そして今は、ほぼ満開となりました。

あかつき屋から歩いて10分ほどにある兼六園。ここからは、兼六園の森が望め、その中でピンク色になった桜の木立ちも見え、気持ちまで華やぎます。先の週末、お客様はそこを目指して歩いて行かれ、観桜を楽しまれました。

【桜が見頃となった兼六園】
(真弓坂付近)
0329sakura1.jpg

(人目を引きつける桜の名木)
0329sakura2.jpg

(花見橋からせせらぎを望む)
0329sakura3.jpg

今朝、8時半頃に途中の八坂を登って兼六園に到着。桜は満開の佇まいで、その付近には、人波がありました。真弓坂の一帯、卯辰山に面した斜面、せせらぎの両岸は特に美しく、そのそばでいったん立ち止まって、桜のオーラを身体いっぱいに浴びました。

先の週末。あかつき屋にお泊まりになったカップルさんやご家族連れのお客様は、兼六園へ歩いて行かれ、ちょうど見頃となった桜を楽しまれました。

(桜を背後に撮影されたお客様=ご提供写真)
0328hanami01.jpg

(あかつき屋のお庭でもごゆっくりと
          =写真掲載了解済)
0328motokindaisei01.jpg

このうちの一組のお二人さん。地元金沢の大学を卒業され、今はまだ初々しい社会人です。お二人は金沢はよくご存知ですが、この伝統町家でのご一泊は、旅気分を味わうには、十分だったご様子。

兼六園で花見を満喫された後、あかつき屋ではご宿泊後の朝、縁側で木々が放つ清新な空気を味わわれました。

お客様と歩む春夏秋冬。ともに健やかに日々を刻んでいけたらと念じています。
皆様、ご宿泊ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

石川県民の皆様に割引サービス

あかつき屋では、石川県民向け県内宿泊応援事業(第2弾)に参加して、4月28日のチェックアウト分まで県民の皆様を対象に宿泊割引のサービスを実施しています。コロナ禍における宿泊需要の喚起策の一環として行われるものです。県民の方々、この機会を利用して、国登録有形文化財のお宿でのご滞在を経験されては、いかがでしょうか。お越しを心からお待ちしています。

このサービスの詳細は、以下の通りです。
宿泊対象期間
・令和3年3月19日(金曜日)宿泊分~4月28日(水曜日)チェックアウト分まで
県民割の宿泊予約受付開始日
・令和3年3月19日(金曜日)~
割引対象者
・石川県内にお住まいの方
1人1泊あたりの割引額
一人一泊当たりの旅行代金1万円以上  5千円割引
〃 旅行代金6千円以上1万円未満    3千円割引
〃 旅行代金3千円以上6千円未満    2千円割引

さらに詳しいサイトは、こちら