あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

奥能登国際芸術祭を見に珠洲へ

芸術の秋、能登半島の先端に位置する珠洲市が、ホットな空気に包まれました。珠洲では初めてとなる「奥能登国際芸術祭2017」が開催されたのです。海辺や里山を舞台に、国内外のアーティストが数多くの意欲作を出展、珠洲の自然と市街地が、様々なアート作品で彩られました。

「さいはての芸術祭、美術の最先端」と銘打たれたこのアートの祭典。私たちは、あかつき屋の仕事の合間を縫って、会場を訪れました。予想以上に刺激的なアート作品の数々。珠洲への認識を新たにするとともに、この地が秘める可能性をも感じました。

珠洲は、金沢から車で2時間余り。この高速化の時代にあっては、日常気軽に足を運ぶことは容易ではなく、今も神秘性を内在した土地と言えるかもしれません。

(珠洲・飯田の旧映画館スメル館への通路)
1017sumeru1.jpg
(入り口は、若い人らで混雑)
1017sumeru2.jpg

(一階壁面には、懐かしい映画のポスターが並ぶ)
1017sumeru3.jpg

珠洲市内に在住する私たちの友人ご夫妻の案内で、珠洲の中心市街地・飯田を訪ねました。メーンストリートには、商店街が連なっています。

お目当ての映画館の空き店舗を目指しました。そこは、昭和末期まで営業した「スメル館」です。ここも、創作の舞台となっており、国内のアーティストが「シアターシュメール」とのテーマで、一階のステージや客席を使って、作品化しました。

来館者は2階から見学。暗闇の中、天井から珠洲名産の珪藻土の粒子が舞い落ち、これが調度類に降りかかります。映画館と能登の時間の経過を表現しているのだそう。
映画館にいるというより、どこかのテーマパークに迷い込んだような感覚になりました。

映画館であることを意識したのは、一階通路に古いポスターが貼ってあったこと。松田聖子主演の映画や黒澤明監督がメガホンを取った「乱」のポスターなどは、その時代に戻ったような気持ちになりました。

(旧家を創作の場にした会場)
1017yagike1.jpg

(珠洲の風物を描いた大壁画)
1017yagike2.jpg

この映画館からほど近いところに、古民家を会場にしたアートスポットがありました。山林などを所有した土地の有力者のお屋敷跡とのこと。

ここは、金沢美術工芸大学の学生と先生方が協働したプロジェクト「スズプロ」の作品会場。室内の壁面には、「静かな海流をめぐって」と題した大壁画がありました。
学生らが珠洲の住民から聞き取った、これまでの暮らしや生業を絵画化したもので、「奥能登曼荼羅」の名が示す通り、宗教的な味わいがありました。

この古民家には、この家の蔵に残されていた膨大なモノを組み上げて作った「いえの木」という作品もありました。そこに詰められた数々の「お宝」から、その旧家の商いの様子や繁栄の跡をうかがうことができます。

日本の高度経済成長期が終わって、賑わいが後退したこの商店街ですが、今に活かされる原石が数多く残っているのでした。
                   (つづきます)
スポンサーサイト

兼六大通りに かわいい稚児行列

穏やかな秋の週末、あかつき屋から賢坂辻付近へと連なる兼六大通り界隈が、いっとき華やかで、かわいい雰囲気に包まれました。浄土真宗のお寺・広済寺さん主催の稚児行列が行われたのです。

お稚児さん衣装を身にまとった子どもたち、そして、我が子に付き添うご父母や、僧侶ら。その大勢の一団が、通りをゆっくりと歩く姿は圧巻で、沿道の目を引きつけました。

(親鸞聖人750回御遠忌法要を行った広済寺さん。梵鐘が新調されました)
1015kousaijimain.jpg

あかつき屋の前の広済寺さんは10月14、15の両日、親鸞聖人750回御遠忌法要を執り行い、その一環として14日にお稚児さん行列を実施されました。
稚児行列には、門徒さんのご子息ら数十人が参加されました。

この行列は、小将町の常福寺さんを正午に出発、兼六大通りを歩いてあかつき屋そばの小道に入り、広済寺さんに到着しました。
初めて経験するお稚児姿にどの子どもさんも緊張気味。でも、通りの見物人から「かわいい」の声をかけられると、ちょっぴり表情が和みました。

(兼六大通りを歩く稚児行列)
1015chigo101.jpg
(広済寺さんに到着)
1015chigo201.jpg

広済寺さんでは、この催しに合わせて、お寺を大掛かりに修復。本堂や伽藍が一新され、それにちなんだ法要も営まれました。梵鐘も新調され、新たな鐘の音が、界隈に響きわたりました。

また、この度ご住職が継承されたのにちなんで、その奉告法要も行われました。お若い新住職がご挨拶され、お寺の新たな歴史の第一歩を踏み出されました。

由緒ある広済寺さんの歴史の大きな節目に立ち会え、あかつき屋にとっても幸せなことでした。お寺の益々のご発展をお祈り申し上げます。

香港から新婚旅行 金沢で三泊

秋たけなわの城下町金沢。観光にお越しになったお客様は、思い思いに古都の秋を楽しんでおられます。晴れわたった空、心地よい風、天気も遠来の方々を歓迎しています。

この度、香港からお越しになった若い男女のお客様。新婚旅行での金沢入りで、あかつき屋に三泊されました。金沢の伝統文化にふれられる一方で、市民の暮らしにも親しまれ、心に残る金沢ステイになったようです。

(香港から新婚旅行で来られたお二人=写真掲載了解済)
1007hongkong01.jpg

お二人は建築家で、金沢の歴史的建造物に興味をもたれ、各所を回られました。ここにお泊まり中は、越中・五箇山にも足を延ばされ、世界文化遺産に認定された合掌造り集落を見学されました。

ゆっくりと過ごされた金沢、そしてあかつき屋。近所のお寿司屋さんでおいしいお寿司を賞味され、加えて温泉銭湯にも挑戦されました。みろく温泉には、二日続けて行かれました。
「とても気持ちよく、リフレッシュできました」とお二人は、大満足。
お宿ノートに、建築家らしく、みろく温泉さんの建物の間取りや設備などを詳しく描かれました。

(お二人がお宿ノートに描いたお風呂屋さんの間取りなど)
1007hongkongsub.jpg

お二人はまた、同宿されたタイや日本のお客様ともふれあわれました。

素敵な旅になったようですね。ご宿泊ありがとうございました。
「いつまでもお幸せに。また、お越し下さい」

秋の色鮮やか イチジク、唐辛子

早いもので、今年も10月になりました。暑さは随分と和らぎ、朝晩は肌寒く感じるほどに。金沢の街なかや、あかつき屋では、装いがいろいろと変わってきています。

兼六園や金沢城周辺では、木々が色づき始めました。この界隈をお着物姿で歩く観光客の姿も、絵になってきました。見てるだけで心地よい風景です。

(前面にススキが揺れ、秋の風情を漂わすあかつき屋)
1005front01.jpg

あかつき屋では、前の植え込みのススキが生長し、てっぺんの穂が風に揺れる様は、いかにも秋といった感じです。その背後に佇むあかつき屋と合わせると、自画自賛ですが、一幅の絵のよう。この時季ならではの光景です。

(軒下で色鮮やかな剣崎なんば)
1005nanba01.jpg

あかつき屋の中では、お庭に面する軒下に吊るした唐辛子(なんば)が、ひと際目を引きつけます。これは、白山市特産の剣崎なんばです。
艶やかな赤色。見ているだけで、ホットな気持ちになります。

能登の方に行く機会がありました。帰り道、宝達志水町の押水特産直売所に立ち寄りました。お目当てのイチジクを買うためです。

(店内にずらりと並ぶイチジク)
1005ichijiku.jpg
(押水特産直売所)
1005chokubaisyo01.jpg

今が旬のイチジクが色鮮やかに店内に並んでいました。子ども時代を思い出す、郷愁を誘う果実。そのヘルシー感も、何とも言えません。
秋の季節感を味わいながら、ここを後にしました。

魚津で体験 金沢で交流 海洋大生さん

金沢町家のあかつき屋が、いっとき海の雰囲気に包まれました。東京海洋大学の女子学生さん5人がお泊まりになったのです。

学生さんたちは、富山県魚津市の魚津漁協さん主催の農山漁村体験モニターツアーに参加された後、金沢に入られました。その余韻を漂わせながら、あかつき屋にご宿泊。同宿された他の学生さんと交流され、お宿は熱気に包まれました。

(紅ズワイガニを手に持ち、笑顔=ご提供写真)
0929uozu101.jpg

(たこつぼ漁を体験=同)
0929uozu2.jpg

学生さんたちは、東京海洋大海洋政策文化学科の3年生です。魚津のモニターツアーは二泊三日で行われ、学生さんたちは、魚津沖でたこつぼ漁やかご漁などを体験、漁協の方々との意見交換にも臨みました。

また、宿泊した民宿などでは、「日本海の幸をたらふく食べました」と学生さんたちは話し、特に漁が本格化した富山湾の紅ズワイガニは「絶品だった」そうです。

(夜、東京海洋大と三重大の学生さんたちが交流=同)
0929kaiyoumie01.jpg

そんな貴重な体験をお土産にあかつき屋に入られました。同宿されたのは、二泊目となった三重大の学生さんたち。
分野も住む地域も異なりますが、同じ学年ということもあって、意気投合。気さくなおしゃべりは、深夜まで続きました。

北陸・金沢に住む私たちですが、紅ズワイガニは、まだ食べたことがありません。海洋大の皆さんの話を聞いていると、それをぜひ一度食べてみたくなりました。日本海の冬の幸ズワイガニとは、味が違うのでしょうか。

海洋大生さんのあかつき屋ご宿泊は、2年ぶり。以前の学生さんたちの所属は、商船系だったので、今回はまた新鮮でした。
皆様ありがとうございました。

FC2Ad