fc2ブログ

あかつき太郎の町家日記

金沢町家ゲストハウス あかつき屋をめぐる出来事や思い、人とのふれあいなどをつづるブログ。街角の話題や四季折々の風情も紹介していきます。

あかつき屋のホームページはこちらです。

ひな人形飾りや菜の花、春の準備進める

立春が過ぎ、三月も間近になると、一気に春めくかと思っていると、朝方は雪に。黒い瓦屋根には、白く雪が積もりました。昼頃には溶けだしましたが、白と黒のコントラスは鮮やか。金沢ならではの、この時季の風景です。

肌寒さは感じるものの、あかつき屋では、少しずつ春の準備を進めています。玄関から入ってすぐの上がりの間には、ひな人形を飾りました。玄関の円窓の前には、菜の花や桃の花などを配した生け花を備えました。
本格的な春には、いましばらく時間がかかりそうですが、お客様には、早春の息吹を感じ取ってほしい、との思いからです。

(上がりの間に飾ったひな人形)
0227hinakazari.jpg

(玄関には、春の花を配した生け花)
0327harunohana.jpg

ひな人形は以前に関東の親戚筋から頂いたもの。華やかで、優雅なその姿は、毎年見ていてもけっして飽きることはなく、その飾りつけは、苦になりません。威風も備えた、その佇まいは、お客様の目を和ませています。

(明け方雪が降りました。二階窓から)
0227yaneniyuki.jpg

今冬は、暖冬傾向で推移し、いっときは、春本番を思わせるような暖かい日もあったので、このまま春にとの思いをもちましたが、やはり楽観はできません。雪が降れば、草木の芽吹きも足踏みといったところでしょうか。

粛々と一日、一日心を尽くして過ごしていこう。そんなことを自らに言い聞かせることでした。

スポンサーサイト



全国の学生さん、あかつき屋で能登へ応援メッセージ

全国各地からここあかつき屋に集った学生さんたちが、未曽有の被害となった能登半島地震の被災者に向けて、応援メッセージを寄せて下さいました。一日でも早い復旧、復興を願うのは、年齢、性別、場所を問わず、皆同じ。

学生さんたちは、被災地への関わり度合いはもとより濃淡はありますが、そのメッセージには、被災者の方々を気遣う実直な思いが等しくこもっています。感謝の気持ちでその色紙を館内のコミュニティルームに掲げさせてもらっています。

(お泊まりになった各地の学生さんたち
             =写真掲載了解済)
0216gakuseimain01.jpg

この色紙に応援メッセージを書いて下さったのは、金沢まちづくり学生会議の「アイディアソンメンバー」の9人です。
アイディアソンというのは、アイディアとマラソンの造語で、まちづくりのアイディアをマラソンのように、根気強く出していこうという狙いです。学生さんたちがフィールドワークや交流会などを通じて、まちづくりのアイディアを出し、実践を通して中心市街地の活性化などに一役買っています。

金沢学生のまち市民交流館(片町2丁目)が拠点施設となっており、今年度の催しでも各地から大勢の学生さんたちが参集しました。このうち9人が、あかつき屋に宿泊されました。地元石川のほか、富山や静岡、栃木からも参加されました。

(学生さんたちによる能登への応援メッセージ)
0216gakuseikaigisub.jpg

まちづくりに強い関心をもつ学生さんたち。メンバーたちは夕食後にお宿入り。近隣の銭湯で汗を流した後、トランプで親睦を深める一方、夜遅くまでまちづくりや学生団体のあり方などについて議論したそうです。

能登半島地震についても、随分と心配されており、色紙にそれぞれ応援メッセージを記して下さいました。その中には、既に学生派遣ボランティアとして、被災地で物資の仲介作業に当たられた人もいて、復興に向けて、その積極的な姿勢に心打たれました。

皆様ご宿泊、そして心温かい応援メッセージ、ありがとうございました。今後のご活躍を祈ります。また、来て下さいね。

能登応援プラン お客様快くご参加

能登半島地震からの復旧に向けて、官民問わず様々な団体が動きだす中で、あかつき屋も加盟する金沢市観光協会では、新キャンペーン企画「春の金沢 能登支援ができる体験プラン」を打ち出しました。これは、金沢を訪れた人を対象にして能登を応援するプランを観光事業者が提案し、実施するものです。

あかつき屋ではこれに参画。その内容は、お泊まりのお客様に対して、色紙に能登を応援するメッセージを書いてもらい、その方に能登の産物をお贈りするというものです。詳細は、こちらをご覧下さい。

今回は、その取り組みに賛同し、快く応じて下さった若い男性がいました。ここで二泊されました。

(色紙に応援メッセージを書かれたお客様
               =写真掲載了解済)
0204miyamotosan01.jpg

この男性は東京都内でゲーム系の会社に勤めておられ、エンタメ系のソフト開発に日々奮闘されています。男性は、バーチャルの世界で魅力あるコンテンツを世に送り出そうと知恵を絞っておられますが、今一度立ち止まって、足元を見つめ直そうと、金沢に行くことを思い立ったのでした。

リアルな世界で、人の息遣いを間近に感じ取り、人と人との関係、そして、人とテクノロジーとの関係にも思いをめぐらせ、自身の生き方のヒントを得たいと考えたのです。

金沢での二泊三日。町家が点在する、あかつき屋界隈の旧街道を歩き、パン屋さんや豆腐屋さんの古い個人商店を訪ねました。また、片町商店街から奥に入った中央味食街にも足を運びました。ここは、屋台風の店が軒を連ね、レトロな「昭和」があふれるところ。そこのある小さな居酒屋ののれんをくぐり、たまたま居合わせた地元の人とコミュニケーションを楽しみました。

(お客様が色紙に記した応援メッセージの数々)
応援メッセージ色紙0101

一方、彼は今回の地震も気になり、JR七尾線で能登・七尾にも足を延ばしました。そこでは、テレビでは伝わらない、震災の生々しい傷跡を目の当たりにしました。

「今回の金沢の旅は、いわゆる観光ではなかったですね」とその男性は三日間を振り返られました。一つの地域共同体の中での人と人との関係性や人と自然との共生のあり方について、見つめ直す機会になったようです。

そして彼は「能登(七尾)を訪れて、復旧に向けて努力される姿にこちらが励まされました」などと色紙に記し、「一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます」と結ばれました。

Mさん、ありがとうございました。頂いた言葉を胸に、あかつき屋も能登の復旧、復興に向けて、尽力していきます。東京では、お体に気をつけて、一層のご活躍をお祈りします。

長野・飯山から災害復旧支援でご宿泊

能登半島地震の復旧に向けた動きをここあかつき屋に居ながら肌で感じ取っています。この度、長野県飯山市から震災関係の復旧事業で、飯山市役所職員のお二人が、ここに4泊されました。

お二人はご滞在中、金沢と北側で隣接する津幡町で下水道の点検に当たられました。津幡町は奥能登ほどの被害は出なかったものの、それでも各所で不具合な個所が見つかり、やはり今回の地震の物凄さを感じられたそう。

私どもは遠い県外から、石川の震災復旧のためにお越しになったことに対して、ただただ感謝するばかりで、能登、そして石川の復旧・復興に向けて気持ちを新たにしました。

(震災復旧の調査で宿泊された飯山市のお二人=写真掲載了解済)
0124iiyamamain.jpg

お二人は、地元飯山市では建設土木関係の部署に所属されております。今回の下水道調査では、他県の自治体職員とともに作業に当たられました。

今回の調査では現地ではいくつかの班に分かれて作業に従事。下水道のマンホールの蓋を一つひとつめくって中をのぞきこみ、水が滞留していないかなどを目視で点検したそうです。

水がたまっていると、下水管の接続部や管などで不具合があるため、流れが悪くなっていると考えられるからです。調査した結果、複数の個所で異常が見つかったそうです。

(津幡町地内で調査するお二人=ご提供写真)
0124iiyamasub.jpg

私どもは、お二人の災害復旧支援を微力ですが陰ながら応援。特にお食事の面では、近所の居酒屋にお願いして、朝、昼のお弁当を特別に作ってもらうなどのお手伝いをさせて頂きました。

三日間にわたって寒空の下での作業も無事終えられたお二人には、安どの表情が見られました。お二人は「今、地震などの災害は、どこで起きてもおかしくない時代で、お互い様です」と話され、「信州(長野県)と北陸は常に共にあるので頑張っていきましょう」「私も微力ですが、できる限りのことをしていきます」などと応援メッセージをそれぞれ色紙にしたためられました。

全く予期せぬことでしたが、今回の震災がもたらした新たなご縁。被災地の復旧、復興には、長い道のりが予想されますが、私どもも、自分たちの立場、持ち場でできる限りのことをしていく所存です。

飯山のお二人さん、この度はありがとうございました。次は、骨休みにお越し下さいませ。

お客様 穏やかに新年喜ぶ

能登半島地震発生で幕を明けた令和6年。救命、復旧活動が現地で必死に行われており、円滑に作業が進むことを祈るばかりです。

そんな中で、ここあかつき屋には、昨年から予約されていたお客様が予定通りにお泊まりになり、心から感謝するばかりです。この一年、すべての人に平和と幸福がもたらされますように。お客様とともに、願っています。

(パンやゆで卵などで朝食を取られたお客様=写真掲載了解済み)
0117asanokai.jpg

この度、お泊まりになったのは、首都圏からお越しになった女性の方々。お一人は、お仕事を兼ねてのステイで、3連泊されました。もう一組は、職場のご同僚というお二人でした。

お客様は、観光で訪れた先は、「地震の影響か、少し人が少ない気がしました」とのことでしたが、その分、ゆっくりと見て回ったり、お食事を楽しむことができたようです。

銭湯で旅の疲れをいやした翌朝。材木町の老舗パン屋・森長さんでパンを買い、あかつき屋のコミュニティルームの大きな掘りごたつの上に並べました。三連泊されている女性は、買った卵がたくさんあるのでと、同宿の方に提供され、それらはゆで卵になり、みかんとともに食卓に加わりました。
和気あいあいとした朝の時間となりました。

(陽光を浴びて明るいお庭)
0117asanooniwa.jpg

この日は朝から快晴。先日降った雪もすっかり溶け、あかつき屋のお庭も、北陸の冬には珍しい、明るい風景に。お客様はそのお庭に出て、写真を撮るなどして、和の雰囲気を味わわれました。

皆様ご宿泊ありがとうございました。また、お越し下さいませ。